ネキリムシ発生。

大雨が降った翌日。かっちゃんの畑を覗いたら、一昨日まで元気だった茶綿の芽が2〜3株くったりしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちゃんと5粒発芽していたのに…

P5181389.jpg

どれも茎が細くなってしまっています。

調べたら、畑で発芽の時期に要注意、植物の生え際を噛みきり、植物を枯れさせる、ネキリムシが発生したようです。

ネキリムシとは、カブラヤガ、タマナヤガ、オオカブラヤガなど夜蛾(ヤガ)や、コガネムシ、キリウジ、コメツキムシの幼虫の総称だそうです。

このままにしておくと被害が広がって大変です。

かっちゃんがすぐに、やられたところと同じ畝のまだ元気な株元に草木灰を。他の畝にも用心でオルトラン粒剤(殺虫剤ですが食べ物ではなく、初期に少量使用するには大丈夫との事)を小さじに1杯ずつまいたところ、被害は最初の数株でとまりました!

無くなってしまった株のところには、別途発芽培地で発芽させたものを後々移植します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他のところは元気に成長中♪
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中